株式会社辻村 ハンコの辻村
t-inshou 商品案内 印鑑の種類 ファミリーサポート お問い合わせ
印鑑の種類

実印

資産と権利の移動の時に使用する印鑑です。
個人は市役所で、会社は法務局で登録することで、初めて実印となります。
材料に、柘、牛角(白、黒)、象牙等があります。

認印

実印のように登録していない印鑑のことです。
個人の場合、郵便物の受け取りや公的な証書を請求する時等に使用します。
会社の場合、通常四角い角印を使用します。
出勤簿、荷受書、見積、領収書等々多用されます。

銀行印

認印のうちで、銀行や保険などに使用するものです。
実印などと共に、永く個人で使用する為、苗字でなく下の名前で作ると管理しやすいです。

材料の特徴

柘(ツゲ)

柘の木の材料で昔は将棋の駒や櫛にも使用され非常に硬い材料。
以前は、伊豆の御蔵島の柘が最高とされたが、伐採が禁止された現在は、 鹿児島の薩摩柘が本柘として良質な材料である。
また、タイのアカネという材料は、 柘そっくりだが硬さが弱く、印材としては好ましくない。

牛角

以前は黒水牛とオランダ牛と呼ばれていたが、現在は、牛角(うしのつの、ぎゅうかく)と言われ、黒いものと白いもの、 白いものに黒が少し混じった物がある。
最近は、白いものを染めたカラフルな材料もある。
耐久性に優れた硬い材料である。

象牙

古くから印材として珍重され、押印時の具合もすこぶる良い。
材料として牙からとる場所によって質的な良し悪しは大きく異なる。
象の生息する場所によって象の種類の異なり、牙の質も異なる。
ワシントン条約の関係で現在は輸入禁止となっており、国内在庫分の材料 のみとなっている。

その他材料

■樹脂 材料としての加工がし易くカラフルなものも多いが変形しやすい。

■圧縮材  木(檜、杉、楓など)を圧縮した集成材。きれいで香りもよいが、耐摩性に問題がある。

■金属 チタン、アルミ等があるが、原則的に機械でしか彫刻できない。

■石  昔から水晶、猫目石、ヒスイ、等貴石類の材料は、石印(落款用)として使用されてきたが、かけやすいので実印には不向きである。

ゴム印について

基本的にお客様の要望に応じたデザインや大きさが作れる。
注意点は、まれに揮発性の高いインクを使用するとゴムが溶ける事があるので使用方法には注意が必要。
先に相談されると良い。

レーザー彫刻について

木、プラスチック等に非常によく彫刻できるが、金属や岩、ガラス等には、上手く彫刻できません。
スピンドルによる彫刻と違ってあらゆる書体やデザイン、写真が彫刻できるのが特徴。


商品案内 | 印鑑の種類 | ファミリーサポート | 印章部お問い合わせ


pagetop

事業案内 | 印章部 | 営業部 | 製造部
辻村の理念 | 会社概要 | 採用情報
ISOについて | 環境について | 経営革新の取り組み | 代表お問い合わせ

〒410-0872 静岡県沼津市小諏訪字正改2-2
TEL 055-921-4832

Copyright (C) 2007 TSUJIMURA Co., Ltd. All Right Reserved.